FC2ブログ

プロフィール

 真央

Author: 真央
mail: mao_castle_in_the_sand@hotmail.co.jp

M@Dを好みます
界隈の動向を把握する手助けになればとblog活動を行っています
(掲載する情報は管理人の趣味に偏っています)

リンクは御自由にどうぞ
苦情・意見・質問等がありましたらメールアドレスの方にお願いします


SM@DxSM@D 2007

SM@DxSM@D

最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


2ch@むびすれ移行

2ch葉鍵板内にある静止画MADスレ、
みなさんのおすすめむび~そして皇帝に~が終了。
次スレ
みなさんのおすすめむび~消えたスマ2の奴等~へ移行しました。

4月中旬に行われたSM@D×SM@D~second season~ですが、半年が経とうとしている今現在、新作を完成させた人数が少ないことを受けてのようです。

スレ内の書き込みによると、現時点で完成させたのは参加者40名(53名参加表明)中11名ちょっとのようです。

年末にかけて新作が出てくるのでしょうか。
スポンサーサイト



神聖萌え萌え帝国@夢寐開発師団解散

炉猫さん率いる、神聖萌え萌え帝国を拠点として活動していた夢寐開発師団が解散しました。

唐突といえば唐突であったステロイドさんの1週間の皇帝活動(9月19日から9月25日まで)の経緯解説を経て解散。
皇帝になった理由はボーリングで負けた罰ゲームだったようです。

今後の活動の方向ですが、炉猫さんは"R-type"というblogサイトを運営されるようです。
ソフィルノさんは何処かで活動されるようですが、告知等はまだありません。決まり次第何らかのアクションがあるでしょう、とのことです。

大所帯だった師団ですが、解散後の活動の告知はこのお二人だけなのでしょうか。

解散・移転と同時に炉猫さんの新作M@D、Shaikh my heart.mpgが公開されていました。

M@D公開が終了した後に師団サイトごと消す予定だったようですが、2chの「みなさんのおすすめむび~そして皇帝に~」スレにて直リンが貼られたため、急遽公開停止。
現在もサイトを残しているようです。

M@DInfoBBSに補足が書き込まれてから晒されるまでの期間がかなり短く、また昼間でもあったため、多くの方が取り逃したのではないでしょうか。

現時点では再公開はないが、落ち着けば再公開はするかもしれないとのことです。(R-Typeコメント欄の記述より)

三月のノウサギ@新作公開

三月のノウサギにてtaku(takumichi)さんの新作 のの.mkv が公開されました。
前回の公開が9月11日なので、2週間経たない内に次の作品が公開されたことになります。

作品冒頭(00:12付近)でiTunesのプレイリストに入っている作品は今年度takuさんの出した作品である、
・高原のノウサギ.mkv
・秋姫すももの憂鬱.mkv
・涼宮ハルヒのアレ.mkv
・Override.mkv
そして今回の作品である、
・のの.mkv。

01:00から01:20までの、ののの動きが可愛すぎました。特にギターを弾く動きが素晴らしく、非常に中毒性の高いM@Dに感じました。

9月20日の日記にて、これまでバイトにあててきた時間とエネルギーを全部MADに費やすと、びっくりするくらいさくさく進みます。との記述がありますので、今後も快調なペースで製作されるのでしょうか?

overthere@face'sさん新作公開

overthereにてface'sさんの新作neige poudreuse.aviが公開されました
face'sさん初めてのoverthere名義作品となります。

それとなく使っている3D部分や、1:32付近の写真の落ち方が素晴らしかったです。

作中に出てくる携帯電話はau design projectモデルであるINFOBARでしょうか。
作中に出てくるカラーリングはないのですが、ANNINの白筐体にICHIMATSUのカラーパネルを合わせたようなものになっています。

作品には現在のoverthereTOPに貼られているロゴ(不安定王さん製作)も使われていました。

日記に書かれているように、攻殻機動隊 2nd GIGのロゴに手を加えられたもののようです。

「E'sc[A]pegote」公開停止?

OPERATION LEGENDにて公開されていた「E'sc[A]pegote」なのですが、公開開始が9/14 公開終了が9/17と4日間で公開を終了されていました。

4日間はMADの公開期間としてはさほど短い印象を受けないのですが、OPERATION LEGENDで前回公開されていた作品の公開期間と比較すると短いなという印象を受けていたのですが、一本杉さんのサイトで
「E'sc[A]pegote」公開 『公開していた夢寐なんですが大人の事情で見事公開停止になりました。』
という一文が。

公開終了という書き方ではなく、公開停止という書き方をされていることから何らかの問題が起こったのでしょうか。


追記:
公開終了の理由は2chの●オススメのMADその18●スレッドにURLが晒されたためのようです。
晒しのあった263レスの書き込みが2006/09/17(日) 12:54:32
その日のうちに素早く対応されたようです

願わくば、今後の公開に禍根が残らなければ・・・と思います。

(情報提供していただいたシさんありがとうございました。

皇帝ステロイド就任

ステロイドさんが皇帝に就任されました。
魔法開発機関が解散してから初のお目見えになるのではないでしょうか。
炉猫さん率いる夢寐開発師団のHP、神聖萌え萌え帝国♪を使っての皇帝活動となります。

夢寐公開まで日記書けと言われた為とのことですが、この夢寐がステロイドさんのものなのか、師団のものなのかは現時点では不明。
ステロイドさんでしたら昨年の紅白以降久しぶりの作品となります。

今回のサイト名はステロイドさんが月は東に日は西にを好きなことから「♪♪ほなみん萌え萌え帝国♪♪」
サイトもほなみ色に染まっています


皇帝履歴
初代  皇帝炉猫さん
二代目 八八さん      
三代目 むnyさん・TAIYANさん
四代目 御剣誄さん
五代目 ステロイドさん (現皇帝)

overthere@face'sさん加入

overthereにface'sさんが加入されたようです。

8/15にフィア・ライスさんが加入されてから1ヵ月後、VISITORにXenonさんが加入するのと同時となります。

overthereメンバ一覧

ひとみすいれん
toy-zaki
不安定王
うむむ
sucre
アンリエット
pH7
フィア・ライス
face's (新加入)


追:
現在、overthereのサイトはメンバページ(作品一覧)が
1. はよ作れ!
の表記のみとなっているので作品の確認等は出来ません。

VISITOR@Xenonさん加入

VISITORの解体新書が更新され、XenonさんがVISITORに加入されたことが告知されました。

解体新書内にXenonさんページが追加され、作品一覧が掲載されています。
この中で気になる記述としては、作品一覧に「アカイイトのやつ」「左目で見るやつ(合作)」と書かれている点についてです。
「アカイイトのやつ」は7月上旬にoverthereで公開されていたアンリエットさん製作の「やまだ.mpg」
「左目で見るやつ(合作)」は8月中旬に同じくoverthereで公開されていた合作「polymorphism.mpg」を指しているのだと思われます。

overthereで公開されていたこの2作品におけるアンリエットさんはXenonさんだったと思われるのですが、
Xenonさんの作品一覧には同じくアンリエットさん製作の「MISTURUGI_LUV_Office Luv -notice-.mpgにおけるミツルギMADの傾向と対策「コレで今日から勝ち逃げだ!」~御剣誄の憂鬱~復活編.avi」だと思われる作品の表記がありません。


・Xenonさんが作品記述を忘れている/意図的に行っていない
・アンリエットさんはXenonさんではない
・アンリエットさんは複数人いる

上記3つに当てはまらない可能性もありますが、大まかな予想として成立するのはこの3つでしょうか。
アカイイト~・左目で~という情報から、アンリエットさんであることは間違いないと思うのですが・・・
また、1作目と2作目の作風の違いも気になるのですが、作風を意図的に変えているのかもしれないので何とも言えません。


後々情報が出るにつれて正確に把握できるかもしれないです。

OPERATION LEGEND公開@2006/09/14

OPERATION LEGENDにて一本杉さんの「E'sc[A]pegote」が公開されました。
読み方は「エスケープゴート」でよいのでしょうか。

今回の作品は息抜きとして作り始めておられたようです。

一本杉さんがOPERATION LEGENDのサイトで作品を公開されるのは今回が初めてとなります。

OPERATION LEGENDサイトとしては、前回作品が公開されてから1ヶ月後の公開でした。

三月のノウサギ@新作公開

三月のノウサギにてtakuさんの新作Overrideが公開されました。

軍魔さんの人気に便乗して公開開始と謳ってあり、軍魔さんが今回突発イベントで公開された両作品と画像ソースが同じでした。


日記には"同じ素材なのにアプローチの仕方がまったく違って面白いことになってます。"との記述もありましたが、まさしくその通り、両者の作品から受ける印象の違いは大きく面白かったです。


M@Dはtakuさんが最近よく使われるmkvコンテナでの公開でした。
mkvコンテナのファイルが観れない、という方は
Lazy Man’s MKVを導入することによって、WindowsMediaPlayerでmkv再生が出来る環境を簡単に整える事が出来るでしょうし、最初から再生の出来るプレイヤーである
Media Player Classicを導入してみるのもよいでしょう。


また、三月のノウサギの9/11の日記の最後の文が
世界が平和でありますように( -ω-)
で締めくくられていますが、これは米国同時多発テロが5年前の9/11に起こったことを受けてであると思われます。

突発イベント@2006/09/11

VISITORにて突発イベントが更新
罪と罰 タイヨウの歌の2作品が公開されました。

両作品ともに軍魔さんの作品で、前々回の突発イベント(2006/08/07)にて公開された作品である罪とばちゅと同じ画像ソースが用いられていました。

前回軍魔さんの作品が公開されたのが8/7ですので、1ヶ月で2本公開とかなりハイペースで製作されていることになります。

罪とばちゅ 罪と罰の間にある関係性は画像ソースのみで、果つる底なき 果つる底にゃきの様に音楽ソースにも関係性があるという形ではありませんでした。


突発イベントには今回も少々の仕掛けがされていましたが、公開中はここでその件について言及するのは止め、突発イベントが終わった際に追記しようと思います。


追記:
公開が終了したので公開形式に関してにも触れておきます。
今回の突発イベントページにいくと、解体新書と書かれているのみ。
公開は解体新書内のメンバリンクのDRAGONICさんの隣、RYUさんの隣に突発イベント1・2のリンクがそれぞれ追加されているというものでした。

毎度、変わった形式での公開をされており、ちょっとした謎解きの気分が楽しめて面白いです。



今年度の軍魔さんの作品公開履歴を以下にまとめておきます。

(1/15)
Love Actually
MATRIX
(2/26)
NeVER LanD
LIVE FOREVER

(5/7)
Start Line //POLさん・弐風さんとの合作

(7/3)
AnotheR HeaveN ver2
Weekend shuffle
Felicidade 落ちこぼれの天使たち
(8/7)
罪とばちゅ
(9/11)
罪と罰
タイヨウの歌

創作集団"Mjui:z"始動

神月社・パリオ・癸乙夜の3名による創作集団"Mju:z"が本日始動・OHPも公開されました。

"Mju:z"

それぞれフリーランスの動画作家として活動されていましたが、今後はチームとして活動されていくようです。

チーフデザイナー 神月社
デザイナー パリオ / 癸乙夜
アシスタント えん / はなじろ / 鯵乃ひらき

旧Radiant ImpressionとStudio-PrismのHPは閉じられており、白いスタねこのHPは趣味移行+αの形を取るようです。

また、Mjui:zとは別にそれぞれ個人blogも持たれておりますので、興味のある方は足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

神月社さん
Radiant Impression/B

パリオさん
えだまめ日記

癸乙夜さん
白いスタねこ内の日記

今後のMjui:zの活動に期待しています。

Piano's Home Page閉鎖&引退?

Pianoさんの運営するPiano's Home Pageが現在閉鎖しています。
TOPページが削除され、同HP内の最萌トーナメント用のページに下記の告知がされています。
(申し訳ありません、転載させて頂きます)


//

ここが掲示板の荒れる原因になっていたようですね。
申し訳ございませんでした。

後2作品ほどと考えていたのですが雰囲気的に厳しいようなので
この辺りで引退させて頂こうと思います。

AMV側はそのまま残しますので、
再アップや再エンコードなどお好きにして頂いて結構です。

これまでご視聴頂きありがとうございました。
それでは失礼致します。

//


ここで触れられている引退という表現が最萌支援からの引退なのか、MAD界からの引退なのかという点に関してですが、

・今回の掲載文が載っていたのがsaimoe.htmlであること
・掲示板~~などの記載から最萌参加者に対しての文であること
・再アップや再エンコードの許可を出していること(支援再投下許可)

等から、前者の最萌支援から手を引くという意味だろうと思います。
最萌トーナメントが終わるか、ほとぼりが冷めたら復活されるのでしょうか。


AFTER EFFECTS 覚書もWebスペース上から削除されており閲覧することが出来ません。
掲示板・日記等の現状は確認することが出来ませんでした。

 | BLOG TOP |